ミノキシジルの副作用ってなに?

ミノキシジルには副作用があります。

発売された当初のころとは違って、いまではどのようにしてミノキシジルを服用したり塗布すれば副作用が現れるのかなどについても、多くの解説がなされています。

ところで、AGA治療(男性型脱毛症)に現代の最先端技術として処方されているミノキシジルですが、プロペシアと同様に正しく効果をあげるには副作用の対処についてどういった方法を行うべきかについて、現代医療の特に日本ではそこまで詳しくしられていないことも、場合によっては問題されています。

特に問題視されているのは、性欲の減退や、意図しない場所に多毛が発生してしまう、といった声が挙げられます。

また、躁鬱のような症例も挙がっており、血圧の低下によって活動能力そのものが低体調を引き起こしていると言われています。

ミノキシジルは基本的には塗るタイプ、つまり外用薬としての処方が日本では認可されていますが、タブレットのような服用タイプは認可されていません。

ミノキシジルタブレットのような服用タイプの内服薬は、現在の日本では個人輸入以外の方法では入手そのものが困難な薬剤として知られています。

なおかつ、ミノキシジルを服用することによる副作用は、重度のものが発生する可能性があるとして、開発元の国では血管拡張薬としてのミノキシジルはありますが、育毛剤としての用途では取り扱われていないのです。

おもな副作用の症例としては他に、塗布部分の皮膚のかゆみや赤みがみられたり程度です。

しかし、服用した場合は可能性として重度の低血圧や、不整脈・動悸。

さらには急激な体重の増加を引き起こす場合などもあり、ハッキリとした因果関係としての断定はありませんが、海外の症例には死者も報告されていることから、服用はあくまでも自己責任が伴うことを知っておくべきでしょう。

ミノキシジルについてより詳しい説明のあるサイトをご紹介します。

ミノキシジルの副作用の詳細を見る

まずはこちらをご覧いただいたうえで、皆さんが判断されれば良いと思います。